主に愛夫との面白おバカな日常を綴った、未熟な妊婦兼主婦の奮闘生活日記です^^♪悩みあり、笑いあり、涙あり・・・(笑)「バカだなあ」と笑って頂けたら幸いです^^♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ダーと一緒に『子育て講座』と『両親学級』に立て続けに参加してまいりました。
計5時間に渡る長丁場だったのですが、とても素敵で神秘的・・・また大変、為になるお話が伺えたのでここでも是非、皆様にも聞いて頂きたく、簡単にお話させて頂きますね


赤ちゃんは何処からやってくるの?

この世の中にはお母さんのお腹の中に居た時の記憶や生まれて来る時の記憶を持っている子供が何割かは居るそうで、大きくなるにつれて記憶は段々と忘れ去られていくそうなのですが、稀に大人になっても記憶を持ち続ける人も居るそうです。
そして、子供が2~7才位でとてもリラックスしている状態の時に「お母さんのお腹の中に居た時の記憶ある?」ときいてあげると「うん。覚えてるよ。あのね・・・」と何の抵抗も無く話してくれる事も多いらしいのです(注意:でも聞かないと話してはくれないそうです。寝る前などに聞くのが効果的だそうだ)。そうすると・・・

「あのね、お母さんの中はとっても暗くて寂しかったんだよ。」と話す子も居れば「お母さんの中ね、キレイなピンク色でとっても暖かくてすごく気持ちが良かったんだよ。だけどある時、突然凄い力で押し出されてね僕、狭い狭いトンネルに入ったの。最初は勝手に押し出してくれていたのに、途中からは自分で頑張って出なくちゃならなくなっちゃったんだ。でも、そこはスジスジが多くてそれが肩に引っ掛かって出るのがとても大変だったんだよ。僕は頭をグルグルしてやっと出たんだよ。」

と、とても詳しく話す子までいるそうです。これらは全て実話で、『子供たちの体内からの記憶』を研究している博士が実際に子供たちやそのお母さんから話を聞き、コツコツとデータを集めていった資料を元に、昨日小児科の先生がお話をしてくれたものの一部です。


そして、もっと凄い記憶を持った子供たちも・・・

「あのね、僕は皆と雲の上に居たの。それでね、みんな下を見て『僕はあそこの家に行きたい』とか『あのお父さん、お母さんの所に生まれたいなあ』とか、それぞれ自分が生まれてくるお家を選んで降りてくるんだよ。僕はお父さんとお母さんを選んで来たの。それからね、僕は真ん丸の球になって、真っ暗な場所に沢山の丸い球といたの。そしたら、ある日細いひもが生えて勢い良く飛び出して、狭いトンネルを皆で向かったんだよ。皆の細いひもがバシバシと僕にも当たって痛かったよ。でも最後は、僕一人が奥に辿り着く事が出来たんだ。それからはどんどん体が分裂して大きくなって、その内手足が出来て自由に手を動かせるようになったりしたんだ。僕は気持ちの良い水の中で、指をしゃぶったり、お水の中でグルンと一回転したりして遊んでいたんだよ。そして、その中がとっても狭くて窮屈になった時に『そろそろ出るよ~』って声が聞こえて、僕は出てきたんだー・・・(以下・略)」
この子は後にその記憶を失くしていった様なのですが、七歳の時にそうお母さんに話してくれたそうです。


『赤ちゃんはお父さんお母さんを選んで生まれて来る』


これはこの子だけの話では無く、実は多くの子供たちが語ってくれる記憶なのだという。
ある子供は・・・
「こどもの国みたいな所に沢山の子供たちが居て、そこから僕はお父さんお母さんにを選んで来たんだよ。その時はそこにミーちゃん(妹)は居なかったけど、きっとミーちゃんもお父さんお母さんを選んで後からやって来たんだね^^」とか・・・
本当に不思議ですよね。この小児科の先生も最初は半信半疑だったそうですが、あまりに多くの症例やデータを目の当たりにするにつれ、信じざるを得なくなったそうです^^


実は素敵な神秘的なお話はまだまだ続くのですが、とっても長くなっちゃいそうなので『胎教の大切さ』や『赤ちゃんの能力』等はまた機会を見付けてお話したいと思います。ご興味がありましたら是非ご覧くださいませ。

そんな訳でこの度、担当して下さった小児科の女医先生(明るくて笑顔の素敵なお母さん)のお話は、けして四角四面な堅苦しい話ではなく、とっても勉強になりました。集中力が極度に欠けたダーも私にあやされながら何とか聞き遂げる事が出来、意識も少し変わってきたみたい^^(その後の栄養士の話はテキスト棒読みでつまらなく寝てましたが・・・笑)


「皆さん、赤ちゃんは・・・お子さんは、皆さんを選んで生まれてきてるのですよ~♪」

そして・・・

「皆さんも自分でお父さんお母さんを、また環境を選んで生まれて来たのです~♪」


それでは皆さんごきげんようワン



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も聞いたことあります。
子供の記憶のことは、最近セラピーの勉強を始めてから知ったので 我が子には試せなくて残念です><
いいなぁ、ノンちっちさんは自分の子に聞けて☆楽しみだね♪
子供が親を選んで生まれてくるというのも知っていながら、ついつい感情で怒ってしまうこともあり 初心忘るべからずですね。ホント。
2006/03/05(日) 11:41 | URL | ますっち #-[ 編集]
あらら^^
さすが、ますっち様ご存知でしたのね^^
その先生は「江原さんって皆さん知ってます~?私、最近『オーラの泉』をよく観てるんだけど、江原さんもおんなじ事言ってたのよね♪」って明るくおっしゃる可愛らしい方でしたの^^
今、夫婦揃って一所懸命お腹の赤ちゃんに話し掛けてま~す^^♪
2006/03/05(日) 15:48 | URL | ノンちっち #3un.pJ2M[ 編集]
きいたことあるよ♪
その話を知っていたので、うちの子達が2歳くらいの時に聞いてみたんですが、「窓があった」「苦しかった」って言いましたよ☆産まれる時より前のことは残念ながら覚えてませんでした。
友達の男の子は4歳の時、ママのお腹に女の子が空からスーッと入ってくるのが見えたみたいで、その話の後に妊娠がわかって、出産したら女の子だったそうです。オドロキですよね!でも、本当に選んでくれて有難うって感じですよね(*´∇`*)
2006/03/05(日) 17:30 | URL | ビビ太 #-[ 編集]
すごいっ‘@д@☆
ビビ太さん、それはスゴイです!!
良いお話を聞けましたっ>д<☆ありがとうデス。
ますます信憑性が・・・☆
早速旦那さんにも教えてあげようっと^^♪
私の元に来てくれた子は男の子かな、女の子かな・・・?
いずれにしても出てくる日が楽しみになりましたヨ^^♪
2006/03/06(月) 03:18 | URL | ノンちっち #3un.pJ2M[ 編集]
いい話。^^
わたしもそう思っています。
ふたりの息子も、きっと、選んで生まれてきてくれたのだと信じています。何かを学ぶために。^^
いい話をありがとう^^
2006/03/06(月) 13:49 | URL | 寿司屋のおかみさん小話 #-[ 編集]
おかみさん
そう言って頂けて嬉しいです^^♪
長文なのに読んで頂けただけでも有難かったです>ω<☆
おかみさんの息子さん達もきっと大将から、おかみさんから、兄弟から、環境から・・・etc・・・沢山のものから多くを学んでいくのでしょうね。本当に人生に生を受けるって言うのは、そういう事なのかもしれませんね^^
又、それを把握してらっしゃるおかみさんの下にきた息子さん達は幸せだなあ・・・と感じます^^
2006/03/06(月) 15:42 | URL | ノンちっち #3un.pJ2M[ 編集]
そう言うのって縁ていうんですよね^^
結婚も赤ちゃんも親戚になるのも
知り合ってお友達になるのも
ノンちっちさんとダーさんの赤ちゃんも二人に縁あって降りてきたんですね☆
2006/03/06(月) 18:40 | URL | 苺 #-[ 編集]
苺ちゃん
本当に、私とダーの所を選んで来てくれるなんて、なんと奇特で良い子なんだろう・・・と(笑)、思わざるを得ないわね^^赤ちゃんに「ありがとう」って言わなきゃね♪
そうだね縁だよね・・・ダーとも縁、赤ちゃんとも縁・・・そしてブログを通して出会えた皆様とも、みんなみんな『縁』ですものね^^
どの縁も大切にしていきたいですわ☆
2006/03/06(月) 19:20 | URL | ノンちっち #3un.pJ2M[ 編集]
おいしい
こんにちは♪
約束どおり、この記事のことを我が奥様にも伝えましたよ。特に強調する部分として
「赤ちゃんは両親を選んでこの世に!」
ってところ(笑)♪
感想はね・・・・
予想どおりでしたよ(汗)
「アタリマエじゃん♪私を選んで正解だよ♪」
自己中なので許して~(泣)。
そしてね?もう1つ。
「あんたは選ばれてないかもよ。むしろアンタの存在が迷う材料になったと思うね!」
だって(泣)。

我が家の次女にもお腹の中のことを聞いてみました。寝る前のリラックスしていたときに♪
そしたらね・・・
「うん♪美味しかった♪」
だって(笑)!
ワケわからん親子です~。
2006/03/07(火) 16:17 | URL | kazaza #zx2Hz3mM[ 編集]
kazazaさん
可笑しい~o(>▽<)o♪
またまた大笑いしてしまいました~!!
やはり予想通り・・・を通り越して、痛烈なお言葉付きで!!(笑)
いやいや・・・絶対そんな事無いですよ^^
だってkazazaパパが居なかったら、奥様だって昼間から安心して飲んで潰れてられないし、また子供達もご飯を食べ損ね、お風呂に入れないトコだったんですから。
絶対に『パパちゃん万歳!』ですよ^^
Kazaza家は♪
自信持ってくださ~い^^
絶対にお子さんはパパもママも選んできてますよ♪
「おいしい」?羊水が甘かったのかな~^^?面白いですね☆
感想コメント、どうもありがとうございました^^
2006/03/07(火) 18:42 | URL | ノンちっち #3un.pJ2M[ 編集]
ありがとうございます
ノンちっちさん・・・ありがとう(ぐすっ)。
『パパちゃん万歳』=「お手上げ」のようにも思えてしまう自分がなさけないです~(笑)。
家族が幸せなら、私の苦労なんて吹き飛びますよ♪
・・・・・と100%心から言ってみたいです(泣)。
(たぶん85%ほどかと・・・)
(修行が足りない?(笑))
2006/03/08(水) 19:36 | URL | kazaza #zx2Hz3mM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shiawasenanoda.blog49.fc2.com/tb.php/16-a8d6bfc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。